ERK Cup Japan 2016 第1戦結果

ゴールデンウィーク 前半の5月1日にフェスティカサーキット栃木にて、
ERK Cup Japan第1戦を開催しました。

遅くなりましたが、第1戦 総合結果表をお送りいたします。

この初戦では、タイムトライアルとレース1~4(5周スプリント)で実施。
レース2・4は、ジョーカーラップとして、ピットスルーを1回かならず消化する
ことが義務と規定。

クラス1 3台、クラス2 2台 クラススペシャル 4台のエントリーがあり、
合計9台でのレースとなりました。

タイムトライアルは、1台でコースを占有し1周のみ計測。
クラス スペシャル #64 トヨタ東京自動車大学校 チームωが、ベストラッ
プとして、35.242を記録。それに各クラスの車両が続く結果となりました。

ERKCup2016Rd1TT

タイムトライアルの成績(速い順)で、レース1のスターティンググリッドが決定。
レース1では、スペシャルクラスの#66 チームハッスルが車両(バッテリー)
トラブル停止。その後のレースは、DNSとしてスタートすることができませんで
した。次回に期待します。

ERKCup16Rd1_CSpW
各レース毎に順位が入れ替わる展開となり、最終的な総合でのポイントでは、1
ポイント差での争いとなりました。

クラス2は、有効順位とフィニッシュポイントを合計しても、総合で同点のため
に、タイムトライアルの速い#23 ZEVEX Racing Teamが優勝となりました。

ERKCup16Rd1_C2W
ZEVEXチームは、このシーズンオフに車両を整備し、また、ドライバーも積極的
に練習で走られた成果が現れたのだと思います。
ただ、それぞれのチームの申告した有効順位レースずれていたら、結果は変わっ
ていたかもしれません。

クラス1は、トヨタ東京自動車大学校のチーム 3台での争いでしたが、初めて
ERK、カートコースを走った各ドライバーでしたが、コースアウト、スピンはあ
りましたが、大きな事故もなく楽しめていたのではと見受けられました。

ERKCup16Rd1_C1W


正式結果は、下記をクリックしてください。

ERKCup2016Rd1_result

第2戦は、6月5日(日曜日)フェスティカサーキット栃木での開催です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です