ERK Cup Japan 2018 第1戦 正式結果

今シーズンのERK Cup Japan2018シリーズが開幕、
4月14日フェスティカサーキット栃木にて、第1戦を実施しました。

前日の温かい陽気から一転、曇りの天気、肌寒く気温もあまり上がりませんでした。

レースフォーマットは、ここ数年定着している5周のスプリントレース(1・2)、12周のミニ耐久 レース12(ドライバー交代2回義務)をコース正周りで開催。

初めて参加するドライバーが数名、チェック、フリー走行前に、コースを歩きながら注意点などを説明する機会を設けました。

実際、走行が始まってから、多少のスピンやコースアウトなどがありましたが、初めての方も含め、うまく対処でき、トラブルにはなりませんでした。

フリー走行では、#2筑波大学EVカート研究会が、トラブルでコース上に停止しましたが、バッテリーを交換したレースでは、各レース1位をとり優勝しました。

新人ドライバーを揃えた#21エナーシス feat女子カート部は、ERKになれることから始まったので、長年参戦している#22 ZEVEXRacingTeamには、優勝を渡しましたが、次戦からはERKにも慣れ、ZEVEXを追い回す、追い越す走りを期待します。

クラス スペシャルは、レース1・2は、#62 QZと3%おじさん達がトップでチェッカーを受け、ミニ耐久では、バッテリートラブルでなんとかチェッカーを受けた状況でした。
順調にポイントを重ね、ミニ耐久でぶっちぎりの1位でフィニッシュした#61埼玉自動車大学校と、総合ポイントが同点の結果でしたが、規定でレース1の順位優先となるために、優勝は、#62 OZと3%おじさん達となりました。

詳しい順位は、こちらを参照ください。

次戦は、6月3日(日曜日)フェスティカ栃木での開催となります。
GW明けにも、開催案内をできるよう進めていきます。

多くの参加者をお待ちしています。

クラス1 優勝 #2 筑波大学EVカート研究会

 

クラス 2 優勝 #22 ZEVEX Racing Team

 

クラス スペシャル 優勝 #62 OZと3%おじさん達

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください