ERK Cup Japan 2019 第2戦正式結果

第2戦を6月16日 フェスティカサーキット栃木にて開催。

コースは朝まで雨が降っていましたが、一気に回復しERKCupが搬入する午前中には快晴。(今回のレースは午後です)
当初懸念していたウェットコンディションでから一転して、 気温も上昇し、ドライでの開催となりました。

今回は、ERK-1 #1 トヨタ東自大 自動車研究部が、ERK-2に編入となり、#21 エナーシス feat.女子カート部と優勝争いをすることとなり、 性能差が顕著なために、ハンディとして #21 +7秒/周をBoPとして課しました。

ERK-SPも、#63 チームパレットと#64 トヨタ東京自動車大学校の一騎打ちとなりました。

今回、各クラス2台とエントリーが少なかったために、レンタル(エンジンカート)クラスを設定し混走。
ERK-2よりも若干遅いタイムで走行するレンタルクラスには、3台が参加しコース上を賑やかにしていただきました。

総合結果として、ERK-2は、#1 トヨタ東自大 自動車研究部が優勝。
ERK-SPは、#64 トヨタ東京自動車大学校 が優勝、トヨタ東京自動車大学校 2クラス優勝となりました。

第2戦正式結果は、こちらから

第2戦終了時点のポイントランキングはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください